3か月ぶりに更新

 3か月くらい、このブログの更新をサボっていた――操作を忘れていたよ――
―が、検索数が変わっておらず、ちょっとガックリ。
更新しなくても、何にも変わらないのねェ…。
でも、私がヒトサマのブログでためになったことがあるように、
私のこのブログもヒトサマのお役にたてば、と、これから更新のため、
頑張ることにする。
皮膚科や耳鼻科へも通っていることだし、
アレルギー持ちの方には、役立てられるはず。
それに、懸賞で当選した報告もせねば、
又、当ててもらうためにも。
編み物もサボっていたが、料理はさぼらず、
TVで見たレシピも時間を作ってやってみているが、
今朝のNHKの震災などの非常時の缶詰などを使ったレシピもやってみるつもり。
夜に又、アップする。

10年以上、眉毛が痒かったが…

もう、10年以上、睫毛が痒かったが、
最近、生え際やもみあげも痒くなり、
とうとう、赤く湿疹みたいな物が出来たので、
昨日、ネットで検索して調べた。
調べる前に、母から貰ったヒルドイド軟膏と、リンデロンーVG
を塗ってみた。

昨年の梅雨ごろ、父の頭皮に赤い湿疹がビッシリ出来、
皮膚科で、カビだと言われ、そんなはずない、
と、クリニックにも行かなくなった、ってことがあった。
私が、自分の湿疹を調べてみると、カビの一種だと書いてある。
眉毛と生え際やもみあげの痒いのは、同じものらしい。
かなり乾燥肌だが、脂漏症皮膚炎とかいうのが、一番近いかも。
マスクのゴムに被れたのかと思っていたが。
父も母も眉毛が、シッカリ生えていたのに、
ある時期から痒いと言い出し、
段々抜けてしまったが、脂漏症皮膚炎というのは、脱毛と関係あるらしい。
マスクのゴムかぶれやシャンプーが合わないという可能性もあるので、
来週、久しぶりに皮膚科へ行くことにした。
すぐに、ネットで話題の、コラージュフルシャンプーは、注文してみた。

年取ったら、ファンデの厚塗り出来ない

この前に、私はかなり若く見られると書いたが、
こんな記事を見つけた。
「老け顔」に見えてしまう2つのポイント
顔を若返らせることはできるのか- 東洋経済オンライン(2014年12月2日08時00分)
http://news.infoseek.co.jp/article/toyokeizai_20141202_54753
絵を描くときに、瞼が広いと子供顔になる、
と、逆のことを教えられたけど。
若く見えるのは、太眉だと、だいぶ若く見られる私は思う。

テレ朝のグッド!モーニングで、先日
1日に、都内にて最も輝いた女性に贈る
「VOGUE JAPAN Women of the Year 2014」、
「VOGUE JAPAN Women of Our Time」の授賞式で
受賞した米倉涼子さんのインタビューを取り上げていた。
いつまでも若々しく、輝いている秘訣は?
みたいな質問に、米倉さんは、
化粧を薄くすること、足したくなるけど(隠したくなるけど)
そうすると、シワが目立つので、
なるべく塗らない、引き算すること、
みたいな感じで答えられていた。
全くその通りだと思う。

乾燥肌の私は、目じりの小皺が出来始めたのは早かったし、
若い頃は色々、抗ってきた。
数年前に参加した同窓会前に、
口のそばの頬のシミを見つけ愕然、
隠すために、ファンデを替えようか?と思った。
でも目じりの笑い皺も気になる。
迷って、目じりの小皺対策の方へ力点を置くことにし、
ファンデをより粒子が細かく、
薄付きになるサンローランのコンパクトにすることにした(当時)。
正解だったはず――久しぶりに会った、
年取って見えた同級生は、ファンデが厚い人が多かった。
隠したくなる気持ちは分かるが、皺っぽくなるし、
年齢と共に、化粧ノリも悪くなっているので、
マットなファンデは、ツヤがないのが強調されるのよねェ~。

化粧水をマスクシートでパックするのを再開して1か月あまり

今朝のNHK“あさイチ”は、アロエ。
食べると肌が潤う、とのことだったが、
“あさイチ”会員で2週間行った実験では、数値として表れなかった、とか言ってる。
アロエ化粧水が、昔、ananでピックアップされてたので、
買って使ってみたが、私、陽をあびると痒くてたまらなくなり、止めたことを思い出した。
食べて問題が起こったことはなかったけど。
食べてアレルギーが起きるのは、稀だそうで、
接触でアレルギーが起きる人達は要る、と、番組で解説していた。

このブログへの飛び込みは、以前“あさイチ”で、吉木伸子ドクターが、
化粧水は、美肌に要らない、
と、言い切ったことを書いたページへが一番多い…のだが、
ここ、1か月弱、私自身は、ナチュラリエのハトムギ化粧水をマスクシートを使い、
3分パックしている。
Amazonマーケットプレイスで、1円で買った佐伯チズさんの本と、
237円で買った、吉木伸子先生の本。
これに送料が掛かったんだけど、
著書が多すぎて、迷っていたら、マーケットプレイスへ入ってしまい、
そこで購入、吉木先生の本より先に、佐伯チズさんの本を読んだ。
画像

化粧水パックして、メイクすると、メイクノリは、良いのよねー。
ネットで評判が良いので、ナチュラリエのハトムギ化粧水を買って使い出したが、
これ、佐伯チズさんお勧めらしい。
安いし、肌が弱い人には、軽いテイストなので、お勧めかも。
20代の女子2名から、だいぶ若いと、勘違いして頂いてたのが分かり、
益々、年を誤魔化さねば!と、心に誓った。

今日のお弁当

お弁当は、雑穀米に、筑前煮、ほうれんそうの胡麻和え、鮭を昆醤油に漬けた物、
里芋の煮物に、カリフラワーのカレーレモン漬け、
イチジクの赤ワイン煮。
カリフラワーは、NHKの“ためしてガッテン!”で、
カリフラワーは、生が美味しい、と、言っていたので、
そのままのカリフラワーをレモン汁とカレー粉に漬けた物にしてみた。
生カリフラワーは、キャベツぽい味なので、
焼き鳥屋で出されるザク切りキャベツの味噌味のソース、
あんな感じで食べた方が良さそう、と思った。
画像

ネットで、ウサビッチのお弁当箱を買ったが、
女子は、こんなに小さいお弁当箱で足りる物なの?(写真真中)
私は、4コが1セットになった物と、仕切りの付いた小さいタイプ(真中)を買ったが、
このように、その日のおかずで、複数に分けて持って行く。
その内、キャラ弁にもチャレンジ予定。

【特集】マリリン・モンロー/ニュース拾い読み




AFPニュースに9日、オードリー・ヘップバーン特集が載った時、
BSで見たヘップバーンと、モンローの特番の話を書いたが、
何故、この2人が今、ピックアップされるんだろう?
対照的な2人だし…前回、書いたファッション誌の記事で、
モンローは、5回中絶している、と、書いてあったのを読んで驚いた記憶。
最後が、謎めいていて、
やっぱり暗殺っぽい感じがする。

日々のつれづれ

お昼を作らず、ニュースを見ながら、
たまりにたまったパソコンメールを整理していたら、
速報で、高倉健さんが、11月10日亡くなっていた、と、
あちこちのお昼のニュースで伝えていた。
最近の映像も流されたが、83歳にしか見えなくなっていたのにも驚いた。
悪性リンパ腫だったそう。

画像

2週間前撮ったカモガヤ写メ。
もうすっかり、紫色が、こげ茶に変色していた。
たまに、狂い咲きして、生えてる模様。
普通は、ゴールデンウィーク頃から、7月初め(九州)の植物。
たまに、カモガヤ画像を求めて、
私のブログに飛び込みがあったため、
ひょっとして?と、気を付けて探していて、発見した。
花粉症の人は、カモガヤアレルギーもある、って人達が多いらしい。